日当たり重視で選んだ住宅、そのメリットデメリット

今から十年ほど前に分譲一戸建てを購入しました。
家を探すうえで特に重視したことの一つが日当たりの良さです。お日様の光の入る明るい家が希望でした。
その希望通り、南向きで、リビングにも和室にも寝室にも太陽の光がさんさんと降り注ぐ物件を見つけました。「日当たりはお金で買う。」と不動産屋さんは言っていましたが、確かにその通りで、同じ分譲地で、同じような大きさの違う向きの物件より価格はかなり高かったのですが、日当たりは重要項目でしたので、この住宅を購入しました。
住み始めて十年。やっぱり日当たりが良くて良かったなと思うのは、お天気の良い日に気持ち良くリビングで日向ぼっこ出来る時です。特に冬場でも天気が良ければ日中の暖房はいらないのは助かります。日差しを好む花も良く育ちます。
逆に夏の暑さは猛烈です…日差しがダイレクトに入ってきますので、シェードなどの日よけがないといられませんし、冷房効率もあまり良くないと思います。
さらに年数が立つうちに顕著になってきたのが、日差しによる住宅の様々な場所のいたみです。南に向いた窓のそばは床や畳の日焼けがしやすいので、どうしても変色してしまいます。敷物をしいたりして、進行を進めないようにしています。
日当たりが良いことで気持ち良く暮らせている実感があるので、やはりここで良かったとは思っていますが、住んでみると、デメリットも見えてくるものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ